暑い!!

あついっ! 梅雨時に天気が良いと殺人的な日差しが降り注ぎ蒸し暑くなります。 これから小笠原に旅行に行こうかなと考えている方は、山歩きの際は、水分を最低でも2リットル用意していかれた方が良いと思います。因みに私は、本日一日山歩きで2,5リットルでギリギリでした。

スペシャル・コラボ

今夜の「よるのさんぽ」は、なかなかお目にかかれないスペシャルなナイトでした。 グリーン・ペペを捜しに行ったら、昨夜に続き沢山のペペがありましたが、なかでもマイマイとペペの2ショットに出会えました。

Planetarium

今宵の「よるのさんぽ」は、コウモリ祭りとペペ祭りでした。 「グリーン・ペペ」は、遠くからでも見つけられるくらいいろいろな場所で怪しく光を放っていました。  ほんの一部をご紹介

ひるのさんぽ(千尋岩)

本日おが丸入港日。東京都からお越しのロングステイのお客様。 明けがた雷を伴う雨が降ってしまいツアーができないかと心配されましたが、7時頃にはすっかり雨も上がり青空の見える天気になったので、ハート・ロックへ行って来ました。  朝の雨の影響で足元は滑りやすかったですが少し曇り空で涼しく歩けました。  山に入ると「ムニンヒメツバキ」「ヤロード」の花が綺麗に咲いていました。「ムニンシラガゴケ」もたくさん水分を吸収して生き生きしています。  お客様は、山歩きの上級者の方でしたのですいすいと歩いていただき予定よりも少し早めに到着。 道中では、「マツバラン」「スズフリ…」や「コクラン」も観察しました。山頂では、母島も望めました。お昼を食べていると南の方から雨雲が北上してきたのであわてて帰りの用意をし下山しましたが、雨は降らずガジュマルの森や軍用トラックなども観ることができました。 ワラビ谷を過ぎ沢沿いにかかると雷が近くで鳴りはじめ、とうとう降ってきてしまいました。 途中の壕に逃げ込み一時避難。小雨になるのを待って一気に小港駐車場まで下山しました。最後の最後で降られてしまいましたがお疲れ様でした。次回は、別ルートでハート・ロックへ・・・。 ありがとうございました

今日の父島

午前中は雨が降っていましたが、午後からは青空だった。

おが丸出港日

昨日、一昨日と雨模様だった小笠原も、出港日の今日は太陽の日差しが眩しいくらいの晴れでした。  最後一日だけでしたが観光客の皆さんもホッとしたかと思います。 またのご来島お待ちいたしております。いってらっしゃい

ひるのさんぽ(中山峠&東平)

静岡県から参加の男性 yacht man 2名様。  雨模様の中山峠&東平へ行って来ました、中山峠ではウォーミングアップを兼ねてのんびり「ヤロード」「オガサワラビロウ」「ムニンヒメツバキ」などを観察しながら登りました、お昼を小港園地でゆっくり取り午後はいよいよ東平へ、雨は止む様子がないので足元に気を付けながら自然遺産の森の中へ、「ムニンノボタン」「マルハチ」「ムニンエダウチホングウシダ」「コクラン」「アサヒエビネ」「ムニンシラガゴケ」「スズフリホンゴウソウ」など固有の植物を観察し、小笠原の森を感じていただきました。雨の中お疲れ様でした。次回は、yachtで遊びにいらしてください。ありがとうございました

ひるのさんぽ(東平&夜明山)

本日雨模様、土砂降りにならないように祈るのみ。 北米メキシコから参加のご夫婦、霧のかかる東平と夜明山をさんぽ。 小笠原の自然遺産の森を歩きたいとの事で決まりました、初めから霧がかかっていて森の中は雰囲気抜群、数日前には「アカポッポ」も目撃情報があったようです。いざ、山道を歩くと「ムニンヒメツバキ」が咲き始めており良い香りを漂わせています。 固有植物の紹介をしながらコアゾーンへ、霧が濃くなっていき「マルハチ」や「オガサワラビロー」が怪しい雰囲気を出し素敵な景色が見られました。  夜明山では戦跡を巡り、東平との植生の違いなどを観察。戦時中の痕跡なども目の当たりにしてきました。沢山歩きました、お疲れ様でした。最後に、「ムニンツツジ」も観察しました。

こちらも咲き始めました

森の中をゆっくり歩いていると、小さな花が咲いていました。 小笠原固有種「ヤロード」です。 凄く小さいので見落とさないでね、よく見ると「プルメリア」の花に似ています。

Hatuneura

久しぶりに、初寝浦に行って来ました。階段が沢山あって島の人はあまり行く人はいないところ。 今の季節は青海亀の産卵が沢山見られます。 写真を沢山撮ってきましたが、帰りの事を考えるといやになります。全部登りです。階段です。数えました。 なんと!1060段、高低差約200メートル。

満開です

小笠原固有種 ムニンツツジが満開です。

ひるのさんぽ(旭山)

おが丸出港日、午前中のキラキラした光の森の中をのんびり森林浴。 山頂からはボニンブルーの二見湾が綺麗に見え、眼下に広がる枝サンゴの中をアオウミガメが泳ぐ姿まで見えました。

ひるのさんぽ(千尋岩)

おが丸入港日、先便からのお客様以前から「ハート・ロック」に行きたいと言っていたので行ってみた。少し体力的に不安があったが時間的には余裕の到着。天気も良く、森の中は風が抜けとても歩きやすい一日でした。

ひるのさんぽ(東平)

おが丸出港中のひるのさんぽ、京都府から参加のヘビーリピーター。 霧のかかる東平をのんびりお散歩、森の中は霧がかかり幻想的な雰囲気で涼しく「コクラン」「シマギョクシンカ」「スズフリホンゴウソウ」などを観察することができました。

シーズン到来?

久しぶりの更新です、昨夜梅雨時に大発生する「小笠原の風物詩?」羽アリが日没とともに街灯の下を飛んでいました。

アカガシラカラスバト

おがさわら丸出港翌日、山に行き何か撮影しようとしていたらいきなり「アカガシラカラスバト」が目の前に現れました。1羽のハトを撮影していたら周辺にあと2羽いて囲まれてしまい身動きが取れない状態になっちゃいました。 じっとしていてもハトの方から近づいてきて、50センチ位まで来ました。しばらく動けず、30分くらい足止めされてしまいました。

座頭シーズン

小笠原のゴールデン・ウィークも今日で終わりました。観光業者の方々お疲れ様でした。(まだロングステイのお客様も残っていますが) 今年のG・Wは海は時化ませんでしたが天気が変わりやすく、観光業者さんを悩ませる天気でした。  そんな中、昨年から小笠原の海を賑わせていた「ザトウクジラ」も海上で目撃する回数も減りシーズンも終わりを迎えそうです。観光協会前の、ザトウのぼりもなるべく長く泳いでいただきたいものです。観光客の皆さんありがとうございました、また遊びに来てください。

ひるのさんぽ(ハート・ロック)

ゴールデン・ウィークも終盤。今日は、ハート・ロックツアーでした。 東京から参加のヘビーリピーターの女性、何年かぶりのハート・ロック、天気は良かったですが、ハート・ロック山頂は南風の影響で少しガスがかかっていましたが、だんだんガスが取れて南島も望むことができました。眼下にはボニン・ブルーの碧い海、碧空とのコントラストがとても綺麗でした。「スズフリホンゴウソウ」も少し成長していました。山歩きの後は、海でクールダウンをしに行って来ました。おつかれさま

ひるのさんぽ(ハート・ロック)

、おが丸の入出港日。神奈川県から参加の男性と、女子旅二人組の3人で朝7時出発の出港日ハート・ロックツアーに行って来ました。戻りは3人とも15時30分発のおが丸に乗船という事で、13時30分に帰ってくる弾丸ツアーでした。  朝の澄んだ空気の中、霧のかかった森の中を歩いていくと、ゴールには霧の晴れたハート・ロックが待っていてくれました。南島や眼下に広がるボニンブルーの海が見えた時には皆さん大興奮!!  たくさん写真を撮りました、1時間くらい滞在できたのでたっぷり貸し切りのハート・ロックを楽しみました。 往復の道中では固有の植物や、野鳥を観察。ある場所では「グリーン・ペペ」を見つけることもできました。弾丸でしたが、楽しいツアーになりました。また遊びにありがとうございました

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。