ひるのさんぽ(東平&夜明山)

本日雨模様、土砂降りにならないように祈るのみ。

北米メキシコから参加のご夫婦、霧のかかる東平と夜明山をさんぽ。

小笠原の自然遺産の森を歩きたいとの事で決まりました、初めから霧がかかっていて森の中は雰囲気抜群、数日前には「アカポッポ」も目撃情報があったようです。いざ、山道を歩くと「ムニンヒメツバキ」が咲き始めており良い香りを漂わせています。 固有植物の紹介をしながらコアゾーンへ、霧が濃くなっていき「マルハチ」や「オガサワラビロー」が怪しい雰囲気を出し素敵な景色が見られました。  夜明山では戦跡を巡り、東平との植生の違いなどを観察。戦時中の痕跡なども目の当たりにしてきました。沢山歩きました、お疲れ様でした。最後に、「ムニンツツジ」も観察しました。

特集記事